いつ買う?

一戸建て住宅を厚木で購入予定だけど、いつ買う?

一戸建て住宅を購入することにしていて、場所は厚木県。
職場にも通いやすく、子供の学校の選択肢も広いところで、そんなに無理な値段ではないエリアを候補に挙げていて、
あとは、いつ買うかということですね。

一般的に一戸建て住宅を購入する際には、住宅ローンを利用して購入することになるのですが、
住宅ローンを沢山借りてしまうと、その分だけ金利がついてしまい、30年を超える返済期間のうちには、
返済総額が大きくなってしまいます。

また、返済期間が長くなると、定年退職後の返済になってしまい、老後の資金に必要だといわれている
退職金での返済ということも考えなければならなくなりますね。
ですので、借入金額はなるべく少なく抑えたいものです。

そうなると、購入時の頭金をいくらに設定するかが問題になりますが、一般的に必要な金額は、
おおよそ物件価格の20%程度だといわれています。
実際に厚木で一戸建て住宅を購入することになれば、税金や登記手数料、各種保険や、事務手数料など
物件価格以外にも現金は最大で10%程度必要になります。

ですので、最低ラインを20%~30%くらいだと考えておくと良いでしょう。
厚木で一戸建て住宅をいつ買うかという問題については、頭金がたまったら購入したらよいのでしょうか?
実は、頭金がこれより少なくても購入することは可能です。
現在は金利が非常に低い水準です。

住宅ローンを利用しても、今以上に低い水準での金利が見込めないのであれば、早目にローンを組んでしまうことも
ひとつの方法なのです。
銀行へ貯金していても預金金利は雀の涙ほどしかありません。
その上、毎月の家賃を払うということは、なかなかお金を増やす方向として難しいですね。
厚木で考えているということは、東京のベッドタウンとして人気のエリアであるだけに、
長期的にみても住宅の付加価値が下がることが少ないと仮定して、将来的に転売も可能なエリアであるだけに
少ない頭金で購入に踏み切る価値はあるかもしれません。

厚木という、人気のエリアであるがゆえに初期投資の金額は大きくなる傾向にありますが、
現在の低金利で無理のない返済計画が立てられるのであれば、早目に購入した方が将来的な金利の上昇や、
賃貸住宅へ払う家賃の総額を計算してみても、お得に住み替えられるタイミングかもしれませんね。
将来的なお子様の教育資金や、住宅のリフォームなどの住宅関連の出費、老後の資金の確保など、
様々な要因はそれぞれの家庭で違っていますのでよく考えて無理のないタイミングを計りましょう。”