売る際には

厚木で一戸建てを売る際には不動産業者選びから

厚木県は新築住宅と同様に中古住宅の市場も活発です。
厚木エリアは東京都心へのアクセスもよく、ベッドタウンとしての役割も果たしているため、マンションなどの開発も盛んですが、それと同時に一戸建ての需要も大変高いものがあります。
厚木では駅周辺はかなり開発されているので、駅近くで一戸建てを購入する場合、中古住宅の方が物件数が豊富ということもあり、盛んに取引されています。
厚木でマイホームを売る場合にはまず不動産業者との契約が必要になります。

不動産業者とのこうした契約を媒介契約といいます。
マイホームを購入する場合には自分でインターネットなどを使って物件探しをすることも可能ですが、物件を売る場合には不動産業者に査定をしてもらって、物件の売却価格を確認し、媒介契約を結ぶのが一般的です。
インターネットでおおよその査定をする簡易査定を行う方もいますが、一戸建ては日照条件や周辺環境、築年数など物件ごとに個性がありますのでやはり不動産業者に直接物件を見て査定してもらう訪問査定が確実です。
訪問査定をしてもらった不動産業者と必ずしも媒介契約を結ばなければならないというわけではありませんので安心して査定を依頼することができます。

媒介契約の種類には複数の不動産業者と契約できる一般媒介契約、1社とのみ契約する専任媒介契約、売主自身が買主を探すことも禁ずる専属専任媒介契約などの種類があります。
一般媒介契約は複数の不動産業者が競合しながら買主を探してくれるので早く買い手が見つかるという意見もありますし、専任媒介契約は熱心に買主を探してくれるという話もありますので、信頼出来る不動産業者を探すことが物件売却のポイントと言えるでしょう。

一戸建てには一戸建て売却に強い不動産業者がありますので、地元の評判や実績をチェックして選びましょう。

厚木でマイホームを売却する場合にはできるだけ良い値段で売りたいと考えるものです。
その際のポイントとしては売り急がないことです。

売却したい時期が決まっている場合には、期限内に売却したいあまり売り急いで価格を下げてしまうことがあります。
一方で希望の値段で購入してくれる買い手が現れるまでゆったり待つということができれば売り急がずに済みます。

このようにマイホームの売却はできるだけ計画的に売り急がずに行うのが最も良い方法です。
信頼出来る不動産業者と、余裕を持った売却計画があれば、納得のいくマイホーム売却をすることができるでしょう。”