一戸建てかマンションか

.厚木で一戸建てにするかマンションにするかどっちかと

住宅を選ぶ時、特に購入する場合には一戸建てかマンションのどっちにするかで思い悩む時があります。厚木においても一戸建てを購入する時に気にかかるものには、どのくらいの耐用年数があるのだろうかという事になります。それが木造のものと、鉄骨のものとでは違いがあるのですが、一般的に20年〜30年という数字を言われています。しかし、それはあくまで目安になるもので、実際には周辺環境などにより、50年たっていてもその構造に問題がないのもあります。一戸建ては土地と一緒に購入することになりますので、家の価値が無くなったと判断されても厚木では土地の資産価値は残るので、同じ所に家を建て替えることもメンテナンスをして住み続けることはできます。また、家を厚木の別の所に建てて住む場合にはその土地を新しい家を購入するための資金にできるのです。

一方厚木にマンションを購入する場合にはセキュリティを考えると大きな魅力になります。オートロックシステムが完備されていて、防犯カメラの設置もされていることが多いので安心して暮らせます。そして耐用年数は資産価値があまりなくなるという事を考えると50年ほどになります。しかし、実際の耐用年数は近年のマンションでは70年くらいと考えても良いのではないでしょうか。
ということで、どっちを選ぶかは、実際に住む人のライフスタイルなどにもより、良いのはどっちと決めていうことは出来ないのです。

一戸建ての場合には多くは庭付きになることで、害虫などが家に入って来やすいことはあります。掃除をする場所が増えたり、電灯の数も多くなることから光熱費も高くなってきます。修理などはすべて自分で手配をしたり、直したりします。そこは、マンションでは家に心配される白アリなどを心配する必要はありません。共用施設部分の不具合などが生じた場合には管理会社が対応してくれるので便利です。

プライバシーは一戸建ての方が、隣との家までの間が狭いと言っても生活音まで気にかかるのは厚木には少ないです。マンションの場合には上下階の生活音が聞こえてきて気にかかると言う人もいます。
防犯面では一戸建ては侵入をしようと思えばどこからでも入ることができるということで、家族全員が気をつけておかなければなりません。近所付き合いも多くなってきます。コミュニケーションをとっていかなければならない時が多くなってきます。人付き合いの煩わしさを思って集合住宅にするという人も厚木ではいます。挨拶程度で簡単に済むからです。”