バイク鍵開け、困ったら

バイク鍵開け、困ったらどうしますか

バイクの鍵穴故障の原因は大きく分けて3つあります。
一つ目は、経年変化によるシリンダー内部のピンなどの歪みです。
消耗品なので大切に扱っていても、いずれなんらかの不調を来たすようになります。
二つ目は、メンテナンスに不慣れな方が、良かろうと思いパーツに潤滑油を差すことです。
可動する箇所に、潤滑油をさすと調子が良くなりそうなイメージがありますが、これはとても危険なこと。

逆に故障の原因になることがあります。
鍵穴に付着した油分に埃が溜まり、鍵が回らなくなる可能性があります。
三つ目は、他人にいたずらされ壊されてしまうこと。
いたずら防止の防犯グッズが、手頃な値段で沢山出ていることもあり、最近はいたずらも少数にはなっています。

しかし、決してなくなった訳ではありません。
では、運悪く鍵に関するトラブルが発生したら、どう対処したら良いのでしょうか。。
いたずらで鍵穴に物が詰まってしまった場合、まずはドライバーで中の物がほじくり出せるか試して下さい。

接着剤で固まっていれば、力をかけると簡単に取れることがあります。
ガム状のものは、ドライヤーの熱で柔らかくすると、取り出すことができます。
ただし、無理に圧力をかけたりすると破損することがあるので、厳しいと感じたら迷わずバイク屋さんに相談してください。

残念ながら、シリンダー交換となった場合費用はどれくらいかかるのでしょうか。
車種や装備にもよりますが、部品・工賃でおおよそ2万円~3万円は必要になります。
バイクの鍵に関するトラブルは「鍵の紛失」もあります。
紛失について多くは落としたり、置き忘れたりがほとんどになります。

また、紛失とは異なりますがメットインやトランクなどの収納ケースにうっかり閉じ込めてしまうこともあります。
紛失のトラブルはどう対処したら良いのでしょうか。
この場合は鍵開けの専門業者に依頼し、鍵を複製してもらうことをオススメします。
実際にメインキーがなくとも、バイク本体があれば複製することができます。
料金は1万円前後なので、シリンダーごと交換と考えれば安くすませることができます。

メットインなどにキーとじ込みをした場合も同じく、鍵開けの専門業者に依頼するのがベストです。
開けるだけなので紛失よりは料金がかかりません。
イモビライザーキーについては、マスターキーがないと複製が難しく、紛失すると複製するだけでも1万円ほどの費用がかかります。
複製ができず、新たにイモビライザーキーを載せれば10万~12万くらいかかることを覚悟しておきましょう。”

  • 事故が起きた後のガラス修理の注意点 ガラスは非常にデリケートな建具であるため、強い衝撃などをくわえられてしまうと簡単に割れてしまいます。 防犯性の高いものであれば粉々になることは早々ありませんが、それでも衝撃が加えられた …

    事故が起きた後の注意点